ドライブレコーダーや車の塗装でマイカーを自分用にドレスアップ

乗り物

自動車の塗装

自家用車

自動車の塗装は多くの業者さんで行われています。オールペイントであったり、傷などの修理であったりと様々な塗装が存在します。技術も非常に高くなっていますから、自分の希望する塗装を行ってくれる業者さんを探す事が大切です。

Read More

車の塗装業者

自家用車

車の塗料は自分で購入して車の修繕をすることも可能です。しかし、仕上がり感などを考えるのなら、専門業者に依頼した方が効率的です。費用面や世間の評判などを参考にして塗装上手な業者を選ぶようにすることをお勧めします。

Read More

売れ筋価格と使用法

売れ筋価格は1万2千円

自家用車

近年、需要が高まっているのがドライブレコーダーです。フロントガラスなどに設置して、走行中の状況を動画で記録する機器で、事故などで車両に大きな衝撃が加わった時に、その前後十数秒の時刻、位置、前方映像、加速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作等を記録する機器です。売れ筋商品の価格は、8千円から2万円程度で、1万2千円前後の商品が人気があります。この価格の違いは、カメラの画素数や液晶のサイズ、録画時間などの能力の性能とGPS等の機能が付属しているかどうかで差がついています。加速度センサー録画機能やその他の機能も省略し画素数も落とした廉価版のドライブレコーダーもあり3千円程度で販売されており、必要な機能があれば余計な機能は不要という人へよく売れています。

いろいろな使い方

ドライブレコーダーは、事故前後の映像が記録されているので、事故の状況について当事者同士の言い分が異なるトラブルの際に証拠になります。信号が青だったのか赤だったのか、一時停止をしたとかしないとか、事故の責任を決めるときに非常に重要な点であり、この点がはっきり証明できれば事故処理に大いに役立ちます。 その他の使い方として、最近よく売れている常時録画タイプでは、強盗や盗難の記録、会話の記録等においても役立つことがあります。また、みんなでドライブに行った時の様子を記録し楽しんだりする人もいます。 この様に、意識しない状況で録画・録音されているということで、レンタカーにドライブレコーダーが搭載されていた場合、重要な会話や人に見せたくないようなことが録画・録音されていたらどうしようと不安になります。しかし、現状では多くのレンタカーでは搭載されていない状況で、搭載されている場合でも衝撃があった時のみ記録が残るということなので安心です。